岩手から自然のことばを発信します。

エッセイスト、絵本作家・澤口たまみは、宮澤賢治の後輩として、その作品を親しみやすく紹介すること、身近な自然や小さないのちをテーマにして、絵本を作ることをライフワークとしています。

・折々のエッセイ、プロフィールは、メニューをクリックしてご覧ください。

・最新のお知らせは、ツイッター、フェイスブックで随時更新してまいります。よろしければフォローしてご覧ください。

©Tamami Sawaguchi 無断転載を禁じます。

◆本の仕事

澤口は、高校・大学と宮澤賢治の後輩であることから、その作品に親しんできました。

しかし、作品に記されている内容と、年譜とのあいだに異なる点があることに、次第に疑問を持ち、2003年からは宮澤賢治の恋についての読み解きに取り組んできました。

その最新刊がこちらです。

●『宮澤賢治 百年の謎解き』

(T&K Quarrto BOOK/2022年)

宮澤賢治はいまから100年前に相思相愛の恋をしており、恋人の名前を、母音で韻を踏んだ言葉に隠しました。長いあいだ意味不明とされてきた「クラムボン」という言葉についても、新たな考察をしております。

1冊2420円(税込み)

1922年、花巻農学校で教師をしていた宮澤賢治は、近くに住む蕎麦屋の長女で花城小学校の教師・大畠ヤスさんと相思相愛の恋をしていました。『宮澤賢治 百年の謎解き』は、賢治の恋から100年の節目に当たる2022年、賢治が自らの作品のなかに、どのように恋を記していたかを明らかにしようとするものです。また、前著『新版 宮澤賢治 愛のうた』(夕書房/2018年)の刊行後に寄せられた新事実やご意見に対し、新たな読み解きでお応えしています。

お求めはBASEストアが便利です。

●『宮澤賢治おはなし30選クラムボンはかぷかぷわらったよ』

(依田美智子さん・絵/岩手日報社/2021年)

宮澤賢治のおはなしから30編を選んで、読みやすくダイジェストしたあらすじに、易しい解説を添えています。賢治をこれから読む方はもちろん、読み直したい方にもおすすめします。

全国の書店さんでお取り寄せ可能です。

「週刊朝日」2022年9月16号「2022年秋 本の甲子園」に紹介記事を掲載していただきました。

◆絵本の仕事

●『はるのにわで』

(米林宏昌さん・絵/福音館書店/2022年)

絵本の仕事は30冊あまりになりますが、その最新刊はこちらです。絵を、アニメーション監督で「借りぐらしのアリエッティ」などで知られた米林宏昌さんが描いてくださいました。目を凝らせば足もとにいる小さないのちの、大きな輝きに出会ってほしいという願いをこめています。

◆賢治作品を音楽と朗読する試み

宮澤賢治は、自らの文学に「音楽」が必要だと考えていました。オルガンやチェロを学んでいたのは、自作の朗読に即興で伴奏を添えるためで、賢治はそれを「朗誦伴奏」と呼びました。澤口は演奏家の協力を得て朗誦伴奏を試み、「Tama&KumaQuattroM」のレーベルでオリジナルCDを制作しています。ていねいな作品解釈で、賢治の思いをいまに伝えたいと考えています。

●最新CD心象スケッチ「小岩井農場」

宮澤賢治の恋の読み解きを続けるなかで、賢治が母音で韻を踏む言葉を重視していたことが判明してきました。韻を踏む言葉を音楽にのせるとなれば、現在のラップに非常に近い発想だったと思われます。

そこで2022年に制作するCDでは、ビートに言葉をのせるラップの方法を一部とり入れて、エレキベースのビートを先に作曲したのちに、それに合わせて朗読をしています。

ドラムに武田チャッピー治さん、ピアノに佐々木浩平さんをお迎えして、音楽CDとして楽しめる仕上がりになっております。

お求めはBASEストアが便利です。

●ただいま制作中「グスコーブドリの伝記」①②

「グスコーブドリの伝記」は宮澤賢治が亡くなる前年に『児童文学』誌に発表した作品で、賢治の切なる願いが込められた作品です。

わたくしどもは、賢治にとってたいせつなこの物語をも音楽CDとして制作できないかと、制作を続けております。よろしければご予約くださり、活動をご支援ください。

「グスコーブドリの伝記」① 2022年12月発売予定

「グスコーブドリの伝記」② 2023年3月発売予定

ご予約はBASEストアが便利です。

●宮澤賢治朗誦伴奏CDシリーズ

CDは10枚が完成しております。『宮澤賢治おはなし30選クラムボンはかぷかぷわらったよ』(岩手日報社)とあわせてお聴きいただくのに最適です。

・2020年制作

「やまなし」「畑のへり」「鹿踊りのはじまり」「なめとこ山の熊」「水仙月の四日」

税込み2,750円

・2021年制作

「虔十公園林」「土神ときつね」「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」

税込み3,080円

お求めはBASEストアが便利です。

※店頭で販売してくださる場合には卸価格となります。連絡先メールアドレス(kenjiroushou@gmail.com )よりご連絡くださいませ。

T&K Quattro MUSIC 音楽家 石澤由松(いしざわ・よしまつ)プロフィール

ベーシスト。昭和24年、岩手県北上市生まれ。スタジオミュージシャンとして国内外で活動、童謡から演歌、クラシック、ジャズ、ロックまで、ジャンルを問わず演奏する。テレビでは、ドリフターズの「8時だよ! 全員集合」でヒゲダンスを演奏していたほか、「小川宏ショー」から「11pm」まであらゆる番組に出演する。2018年より、宮澤賢治作品の朗読に音楽を添える活動を始め、T&K Quattro MUSICのレーベルでCDを自主制作する。岩手県盛岡市在住。

※2022年2月、石澤由男より由松と演奏者名を改めております。